港北出版印刷株式会社

沿革

昭和20年 10月 東京都中野区江古田において東海出版印刷(株)の社名にて営業開始
昭和35年 9月 港北出版印刷(株)に社名変更、港区芝田村町に移転
昭和39年 6月 事業の進展に伴い、杉並区和田に本社・工場を新築、設備拡充と近代化を推進
昭和43年 11月 田無市(現在の西東京市)芝久保町にオフセット印刷、BF印刷、製本の総合工場を新築
昭和46年 12月 銀座営業所を開設
昭和52年 8月 田無工場を増築、最新鋭諸設備を増設
昭和57年 6月 本社事務部門、営業部門を渋谷区に移転、本社機構として業務を一元化
7月 杉並工場内に小型オフセット、製本部門を新設
昭和58年 6月 杉並工場内に平版白黒製版設備一式を増設
昭和59年 2月 電算写植部門を新設
昭和60年 6月 本社に手動写植機を導入
7月 本社事業部門OA機器導入
9月 田無工場を全面的に増改築、多色印刷機、両面印刷機を増設
昭和62年 7月 湘南営業所を開設
平成2年 11月 創立30周年記念式典を挙行
平成3年 6月 新本社に移転
平成5年 12月 銀座営業所の名称を中央営業所とし、月島へ移転
平成8年 8月 営業部門を中心とした、社内営業完全OA化を推進
平成12年 11月 読売新聞社の委託新聞輪転印刷工場として、関連会社(株)ミナト・読売新聞鶴見工場を設立
平成13年 10月 (株)オリエントへ出資、発行済株式の55%を取得
平成14年 3月 (株)ミナト・読売新聞鶴見工場、本稼動
11月 事業の進展に伴い、(株)ミナト・読売新聞鶴見工場を(株)ミナトに社名変更
平成16年 4月 読売新聞社の委託新聞輪転印刷工場として、関連会社(株)ミノリを設立
6月 (株)ミノリ郡山工場稼動
平成17年 9月 府中市にオフセット印刷、製本の工場を新築
9月 印刷・企画デザイン・制作事業運営会社の営業権を取得
平成18年 3月 プライバシーマーク認証を取得
11月 本社分室、本社第2分室を廃止し、目黒区にデジタルコンテンツセンターを開設
平成21年 3月 ISO9001認証を取得
平成22年 2月 (株)ミナトの2箇所目となる木場工場稼動
9月 (株)オリエントの全株式を取得。完全子会社となる
9月 創立50周年を迎える
平成25年 1月 (株)相鉄エージェンシー(現(株)横浜メディア アド)を子会社に加え、広告代理業の事業に参入
平成26年 7月 読売新聞社の委託新聞輪転印刷工場として、関連会社(株)タイワを設立
平成27年 2月 (株)タイワ仙台工場稼働

このページの先頭へ